東京都内で会計事務所をお探しの方へ!東京・狛江

中小企業経営者の方へ!
  ノウハ ウを徹底サポート
・ITコーディネーターって!
相続・贈与
温かく徹底サポート
栗山会計事務所
所長 栗山 博行

東京税理士会
武蔵府中支部所属
法人番号837号

事務所紹介
所長の紹介ごあいさつ
地図
お問い合せ
プライバシーポリシー
link



<サイト運営>

運営担当 栗山 博行

〒201-0002

東京都狛江市東野川2-6-12

TEL03-3488-2666

FAX03-3488-6815
info@kuriyamakaikei.jp

荳ュ蟆丈シ∵・ュ邨悟霧閠縺ョ譁ケ縺クシ
荳ュ蟆丈シ∵・ュ蜷代¢邨檎炊蜷育炊蛹匁髪謠エ

 

なぜ会計帳簿や財務諸表が必要なのでしょう?

帳簿記録に基づく会計業務とは、企業の日々の取引や活動のうち、金額で表すことのできるものを記録し、集計することです。なぜ会計帳簿や財務諸表が事業に必要なのでしょう?税金の計算のためでしょうか?それもひとつの理由かもしれませんが、決して全てではありません。どのくらい儲かったか知りたいから?当然事業をなさっていれば売上高、利益を把握することは大事なことですが、ただ結果だけを確認すればいいのでしょうか?

会社経営にとっては、取引の記録などを通じて会社の弱点、改善すべき点を教えてくれ、改善活動につなげられるようなものが理想的だといえます。確かに、なかなか財務諸表や管理会計、原価計算といったもので、その要求を十分に満たすことは困難であろうと思われます。しかし、まずはしっかりとした財務諸表が重要となります。企業活動の結果を把握しないで改善など困難だからです。財務情報をしっかり把握した上で、経営上必要となるデータの収集を行うべきでしょう。

税理士法人栗山会計事務所では、適正な月次決算と節税アドヴァイスを通じて、企業の発展をサポートいたします。

企業経営者にとって会計帳簿に基づく数字というものは、ひとつの見方でしかありません。月次の売上高、粗利益率、売掛金残高など会計処理により導き出される数字は、大変重要なデータですが、それだけで十分なのでしょうか?他にも重要なことはないのでしょうか?企業経営のプロセスとは、常に改善活動を必要とします。すなわち、目標や計画を立て(PLAN)、それを実行し(DO)、モニタリングを行い(CHECK)、改善活動につなげていく(ACTION)といったサイクルが重要です。

プランニングするためには自社の現状を分析する必要がございます。現状分析によって、あるべき姿とのギャップが認識され、改善活動につながっていくのです。企業の外部環境はその時々によって常に変化し、その変化に対応するだけでも大変なことです。そのとき企業経営にとって必要なことを常に模索し、変化に対応できるよう継続して考えていくことこそが必要な姿勢ではないでしょうか?

また、すばらしい実行計画を策定したといって、必ずしも成功するとは限りません。実行計画がうまくいったかどうかを把握(モニタリング)する必要があるでしょう。それにはどのようなデータを集めたらよいか、プランニングのときから考慮しておくことが重要です。モニタリングができることにより、初めて改善活動につなげられることになります。

税理士という枠にとらわれず、様々な相談を通じ、企業経営のお役に少しでも寄与できれば幸いです。



東京都内で会計事務所をお探しの方へ!東京・狛江