東京都内で会計事務所をお探しの方へ!<東京>

平成18年税制改正
  ノウハ ウを徹底サポート
・ITコーディネーターって!
相続・贈与
温かく徹底サポート
栗山会計事務所
所長 栗山 博行

東京税理士会
武蔵府中支部所属
法人番号837号

事務所紹介
所長の紹介ごあいさつ
地図
お問い合せ
プライバシーポリシー



<サイト運営>

運営担当 栗山 博行

〒201-0002

東京都狛江市東野川2-6-12

TEL03-3488-2666

FAX03-3488-6815
info@kuriyamakaikei.jp

中小企業の決算とは
中小企業社長から見た決算とは?

中小企業の決算とは
 ひとつの企業にはたくさんの人たちの生活がかかっています。そのため企業は、少なくとも年に1回は決算(利益・損失の総計算)をおこない、企業の経営成績や財政状態を知らせる決算書類を、国や株主に公表しなければなりません。 それだけに、ただ企業が自分で作って発表するのではなく、公正な目で会計監査(監督し検査すること)をする第三者が必要になってきます。この役割を果たすのが公認会計士です。現在、株式上場企業や資本金が一定以上の大企業の決算書類には、公認会計士による監査証明を受けることが、法律で義務づけられています。
 監査契約をむすぶと、公認会計士は各企業の決算時に会社や取引銀行などに出向き、帳簿や書類をチェックして、決算書類にミスがないかどうかを調べます。
 こうして会計処理について、公正と認められないケースを見つけたばあい、指導や助言をし、その上で最終的に企業が作った決算書類が正しいかどうかの意見をのべた調査報告書を作ります。

中小企業の決算とは
イメージする会社の決算・・・一般的には在庫を棚卸したり、決算バーゲンですが・・・・・・。

中小企業の社長からみた決算とは、ほとんどが税金の計算をすること!これにつきます。

なぜなら、決算書を作ったからといって何かが起こる事わけでもなくとにかく税金
をいくら払うかの計算の手続きの一環なわけです。

そもそも、なぜ会社を設立するかというと、税金を払いたくないからという経営者
が非常に多と思います!、個人事業(青色申告)をしている方の業況が良くな
ってきて所得税の額が増えてくるとまず考えるのが、会社にしようかな、所得税が
高いから!銀行から融資を受けたいからなどの理由から決算が必要になります。





































東京都内で会計事務所をお探しの方へ!<東京>